| 第二外语(日本語)优质课程
课外学习
【天声人語】060114——現代学生百人一首
发布人:admin 时间:2016-6-9 已被浏览 0

 

      

 

           【天声人語】060114    現代学生百人一首

 

東洋大が募集し、約5万8千首が寄せられた「現代学生百人一首」の入選作を読む。三十一文字をつづりながら、自分や周りや世界を見つめている姿が目の前に浮かんでくる。  

笔者翻开了东洋大学所征集的、大约58千首应征稿“现代学生百人一首和歌选”中的入选作品。在欣赏这些由31个文字所组成的和歌作品中,笔者眼前不由得浮现起这些应征者们凝视自身及周围世界的神情。

〈私って何なのかしらと問う鳥に貴方は貴方と言い放つ空〉中2・甲斐菜摘。〈未来というワケのわからぬ存在を私の形に切り抜いていく〉高3・武井怜。〈喜・哀・楽仮面の上に描くたび己の顔をうしなう道化師(ピエロ)〉中3・増田菜穂子。

“鸟儿问 我究竟是谁 你就是你啊 天空肯定地回答”( 初中2年级甲斐菜摘。)“将一无所知的未来按自己的形状裁剪”( 高3学生武井怜。)“在往脸部绘上喜楽的同时,小丑失去了原本的面目”( 初三学生増田菜穂子)。
 学びの中の一瞬をうたう。〈図書館の窓よりトンボ迷い込み草野心平に留まり、また飛ぶ〉高3・佐々木勇翔(ゆうと)。〈暴れだす牛の鼻環(はなかん)必死でつかむ感覚頼りの胃汁の採取〉高3・福島麻衣。

   也有吟赋学习中短暂瞬间的作品。“误入图书馆那迷途的蜻蜓 在草野心平的诗集上小停片刻 又展翅飞离。”( 高三学生・佐々木勇翔)。“紧紧地抓住暴跳如雷牛的鼻环 依靠感觉提取牛的胃液”(高3学生・福岛麻衣)
 家族へのまなざしがある。〈花型のにんじん入りの弁当が昨夜の喧嘩を反省させる〉高1・代島千沙都。〈病室で流した涙の理由はね痛みじゃなくて母のぬくもり〉高2・高橋麻未。戦後60年がたった。〈祖母が言う戦地に向かう祖父の背を涙こらえて送った日のこと〉高2・富樫拓也。選外佳作からも一首。〈悲劇の日、忘れられない60年止まったままの11時2分〉高2・女子。

   有描绘对家人看法的作品。“装有雕刻成花型胡萝卜的盒饭让我们为昨夜的争吵而懊恼。”(高一学生・代岛千沙都)。“在病房里流泪并非因为扭伤的疼痛,而是因为母爱的温暖。(高2学生・高橋麻未)。还有关于战后60年的作品。“那是祖母讲述强忍泪水目送祖父上战场那日之事”( 高2学生・富樫拓也)。另外还有一首落选的佳作。“国耻之日、永难忘却 那凝固于60年前那日的112分”(高2学生・女子)。
 人と人のさまざまなつながりがある。〈こんなにも明るく晴れた天気でもみんなケータイうつむきかげん〉高1・山崎純平。〈なずなですあつかいにくい子なのですけれどわたしはあいしてるのです〉中2・福山なずな。
      有描绘各种人际关系的和歌。“即使在这明媚晴好的日子里人们也只是以手机联络”(高1・山崎纯平。)“我是荠不好对付的孩子但我喜欢自己”。(中2・福山荠)。
 若い感性に力強さが宿る。〈刈られても刈られた分だけまたのびる芝のあおさに力みなぎる〉中2・鈴木奏慧(かなえ)。〈人生のブランコたまにはバックする大きく前へこぎ出すために〉高1・田中結。
     在他们年轻的感性中让人体会到了他们的坚韧。“即使不断地被修剪  又重新长出的那部分青青野草总是充满着无限的生机”( 2・鈴木奏慧)。“人生的秋千偶尔也有后退之时 那为了更加大步地向前漾去”( 高1・田中结)。

 

【天声人語】060114——現代学生百人一首.doc

地址:广东省佛山市禅城区江湾一路18号 电话:(0757)82272751 邮编:528000
Copyright © 2018 版权所有:佛山科学技术学院
管理