| 第二外语(日本語)优质课程
课外学习
【天声人语】170301 信念扭曲 结果不堪
发布人:admin 时间:2016-6-9 已被浏览 61

 

【天声人语】170301    信念扭曲 结果不堪

「ストーカーをやめると自分のアイデンティティーが無くなる」との言葉に寒気を覚えた。一方的に恋愛感情を募らせたあげく、相手の気持ちを無視してつきまとう。ジャーナリスト田淵俊彦さんの著書『ストーカー加害者』にはそんな人たちへのインタビューがある
    我要是放弃盯梢,自我同一性就不存在了听到这句话我真觉得寒气逼人。由于单方面爱恋情感的膨胀,导致漠视对方感觉的结果,并无法自控。记者田渊俊彦先生的著作《盯梢加害者》中记录有对此类人等的采访内容。 
女性に電話し続け、ストーカー規制法違反で有罪となった男性は「彼女を大切に思う気持ちは今も変わっていません……出来ることならもう一度だけプロポーズを」と語る。男性への嫌がらせを続けた女性は、相手への支配欲ゆえに「どん底に落としたい……叩(たた)きのめしたいんですよ」と述べる 
     由于无休止地给女方打电话,并因为触犯盯梢规制法而被判有罪的该男子说,其实我对她的珍爱之情至今未变,……如果可能的话我愿意重新向她求婚。而对于那些始终惹得男人不满的女人,出于对对方的控制欲而怒不可遏,我要她下地狱,……把她打趴下才觉得解气 
  判決前、「真っ当な人間になりたい」と語ったのは被告の本心なのか。東京都小金井市で昨年5月、音楽活動をしていた冨田真由さんが刺されて重傷を負った事件の判決がきのうあった。岩崎友宏被告に懲役14年6カ月が言い渡された 
    判决之前,被告想当个正直的人的说法不知道是否出于真心。去年5月在东京都小京井市发生了一起正在进行音乐活动的冨田真由小姐遇刺身负重伤的事件。昨天,就该事件进行了宣判。被告岩崎友宏被判14年零6个月的监禁。 
  冨田さんは被告によるつきまといを警察に相談していたが、事件は防げなかった。「殺されるかもしれない」と伝えたのに危険性がないと判断された――。彼女の手記にある言葉を警察は改めてかみしめてほしい 
    冨田小姐曾经就被告的纠缠向警察进行过反映,可是最终还是未能有效防止事件的发生。虽然告诉警察自己也许会遭到杀戮,可警方判断称没有危险性——。冨田小姐记录在笔记本的这段话希望警察方面再一次好好品味一下。 
  今回の事件で被告はツイッターなどで執拗(しつよう)に書き込みをしていた。その後の法改正でSNSでのつきまといにも禁止命令が出せるようになった 
    这一次发生的事件,被告曾经固执地写在了推特等微博上。由于事发之后进行的法律修正,如今对于在SNS(社交网站)进行的纠缠已经可以发出禁止命令。 
  思い込みがある日、暴力に変わる。誰もが加害、あるいは被害の当事者になりうることを心にとめたい。警察だけに背負わせるのでなく、行政や医療など多くの知恵が必要になる。 
    有一天,固执的信念变成了暴力,任何一方都可能成为加害、抑或是被害的当事人。这一点希望能够始终铭记在心。这并非只是让警察方面负起这一责任,行政以及医疗等多方面的智慧都必不可少。 

                                   ——引自“未名天日语学校”网页
                
【天声人语】170214   深造费用 由谁支持

 

本来なら春からの新生活に、胸をふくらませるときだったろう。資格をめざして大学の推薦入試に受かったのに、お金が払えなくなり入学を取りやめた。そんな大阪府の高校生の投書が先日の声欄にあった。

    原本正应该处在一个因为即将从春天开始的新生活而激动不已的时刻。通过了大学的推荐考试,实现了获得深造资格的夙愿。可是,由于交不起费用而不得不放弃深造。日前,大阪府的某高中生投稿呼声栏目,谈到了自己目前的处境。

▼「将来、私に子どもができたら同じ経験をさせたくない」との言葉がつらい。似た境遇の若者は他にもいるのではないか。日本は大学進学への支援が薄いと言われて久しい。返済のいらない給付型奨学金がようやく創設されるが、対象人数も額も十分ではない

    “将来如果我有了孩子,实在不想让他也体验同样的经历”,不无困惑的话语令人心寒。除他之外难道就没有相同境遇的年轻人了吗?日本在进入大学深造方面的后援非常薄弱,长期以来此况饱受各界诟病。尽管费尽周折总算设立了不必偿还的给付型奖学金,可是无论是对象人数还是金额都不充分。

▼「福祉は社会で支える考えが広がっているのに、教育は家族の責任のままだ」と教育社会学者の濱中淳子(じゅんこ)さんは言う。数年前の世論調査で「優先して税金を投入すべき分野」をたずねたところ、1位が医療介護、2位が年金で、教育は3位だった

    “福利由社会提供支持的想法已获得广泛认可,但是,关于教育却仍旧认为是家属的责任”,教育社会学家滨中淳子女士如是说。几年前进行的舆论调查表明,当问及“应该优先投入税金的领域”时,排序第1位的是医疗•护理,第2位退休年金,教育排在第3位。

 ▼経済的に恵まれない人が大学教育を受けられるよう税金をさらに使ってもいいという人は、2割から3割しかいなかった。世論の後押しがなければ政策は動かない。「子の教育にお金をかけられる層と、それ以外の層との格差がますます広がらないか」と濱中さんは懸念する。

    为了让经济上不宽裕者也能接受大学教育,可以更多地使用税金。持这一看法的只有23成。如果没有舆论的支持,政策便不会有所推进。滨中女士不无担忧地表示,“难道就没有看到能够为子女的教育提供资金的阶层和除此之外的阶层之间的差距正在扩大吗?”

 ▼奨学金といえど後で返さなければならない貸付金が大部分で、多くは利子まで求められるのが現状である。国立大学の授業料も高くなった。学費や生活費のためバイトに明け暮れる大学生は少なくない。

    就奖学金而言,现实是绝大部分为今后必须偿还的贷付金,而且,其中很多甚至还要求支付利息。如今,国立大学的学费也有所提高。不少大学生为了解决学费及生活费来源,不得不成天在外打工。

 ▼消費税1%分の税収で大学授業料が全員無料になるとの試算もある。未来の社会に向けた投資を増やす。先送りをしてはならない課題であろう。

    也有的测算结果认为,如果使用消费税1%的税收,就能够使大学学费全部免除。看来为面向未来社会增加投资,已成为一个刻不容缓的课题。

【天声人语】170211   出狱妇女 百年境遇

 

東京都心の明治神宮のそばに5階建ての白い建物がひっそりとたたずむ。罪を犯し、服役を終えた女性たちが社会復帰に向けて共同生活を送る。更生保護施設「両全会」である 
    位于东京都市中心的明治神宫一旁静静地耸立着一幢白色5层建筑。一些因为犯罪获刑,刑满释放后回归社会的妇女在这里过着集体生活。这是一处被称为两全会的改造保护设施。  
 先月訪ねたときの入寮者は20代から80代までの16人。入寮すると、まず携帯電話を契約する。仕事を探し、家を借りるのに必要な30万円の貯金に励む。清掃や介護、飲食店のパートの職に就く人が多い。 
   
上个月访问此地时的入住者,从20多岁至80多岁共16人。入住之后,首先签订手机合同,并给予为寻找工作、租借住房所必需的30万日元储蓄金作为鼓励。能够找到的大多为清扫、护理以及餐厅小时工等工作。 
  施設は今年、100周年を迎えた。1917(大正6)年、出所した女性たちの窮状を見かねた教誨師(きょうかいし)が自宅の一角に寮をつくった。生活費を貸したり、縁談をまとめたりする活動が主だった。戦後は薬物使用や盗みを繰り返す人が増えたという。 
    今年,该设施已成立了100周年。1917(大正6)年,不忍目睹出狱后妇女们窘迫状况的一位教导人员在自家的一隅办起了宿舍。主要是借给一些生活费,帮助相亲等工作内容。据说,反复使用毒品以及偷盗者战后不断增加。 
入寮当初は電車に乗ることもむずかしく、人混みにめまいを覚える人もいる。退寮しても、数年後に戻ってきてしまう例も少なくない。「親から無視され、暴力をふるわれ、家族の情を知らない人が多い。その分、甘言にだまされやすく、犯罪に引きこまれてしまう」と理事長の小畑輝海(てるみ)さん(75 
    入住当初,就连乘坐城铁都有困难。有的人甚至一看到拥挤的人群就眼晕。即便退出宿舍,几年之后重又返回的实例也不少见。很多人得不到亲人的重视,常常受到暴力伤害,且不懂得家人情义。基于此,往往容易被一些花言巧语所蒙骗,重又走上犯罪道路,理事长小畑辉海先生(75)如是说。 
 しかし就職や結婚をして人生を切りひらく人も確実にいる。施設は依存症を克服する離脱プログラムに力を入れる。将来に向け、自力では就労できない女性のための農場経営の道を探る
    但是,找到了工作,并且结了婚,开始了新的人生者也确实存在。该设施尽全力推行克服依赖症的脱离计划。为了那些单靠自己的能力无法就业的妇女,考虑到她们的将来,正在寻找一条农场经营之路。 
 筆者はかつて刑事裁判の取材を担当したが、出所後の人々がどう暮らすのか突き詰めて考えたことがなかった。不幸にして道を踏み外してしまった人々に対する社会の無関心は、この100年間にはたして変わったのだろうか。 
    笔者曾经担任过刑事审判的采访,可是对于出狱后人们如何生活的问题,还真没有深层次地考虑过。对于这些走上邪路的不幸者,真不知道社会的漠不关心程度在这100年里真的改变了没有。


 

【天声人语】170209   智能人偶 夏目漱石

 

「こんにちは。座ったままで失礼します」と手を差し出すスーツの紳士。きのう午後、東京の二松学舎(にしょうがくしゃ)大学でアンドロイドの夏目漱石先生にお会いした。きょうは文豪の生誕150周年にあたる。
  你好!坐着问候,失礼了,伸出手是一位身着西服的绅士。昨天下午,我在东京二松学舍大学见到了智能人偶夏目漱石先生。昨天是这位大文豪诞生150周年纪念日。 
 まばたきや手首の動きの滑らかさに驚く。低い声で『夢十夜』と『吾輩は猫である』の一節を読み上げてくれた。漱石が学んだ漢学塾を前身とする同大学が、石黒浩大阪大教授と共同で製作した。声は孫の夏目房之介さんが吹き込んだ
  我很惊讶,他还会眨眼睛,而且手腕的活动非常自如。他低声地朗读了《梦十夜》和《吾辈是猫》的一段章节。这款智能人偶是该大学和大阪大学教授石黑浩共同制作的。漱石曾就读于该大学的前身汉学塾。声音则是由大文豪的孙子夏目房之介先生录制的。 
高えりの白シャツにツイードのスーツ。茶色のネクタイもおしゃれだ。「ご家族に尋ねると、服装には凝るタイプ。旧千円札で有名になった40代半ばの写真をもとに洋装を復元しました」と二松学舎の西畑一哉・常任理事(60)は話す。 
  身穿高领白衬衣,外套花呢西装。茶褐色的领带也非常时髦。咨询了家属后才知道,先生是非常注重服装的那种人。于是便以原先一千日元纸币上那帧妇孺皆知的45岁左右时拍摄的照片为原型,复制了他的西装,二松学舍的常任理事西畑一哉先生(60)如是说。 
大学で英文学を講じた漱石はすきのない洋装で教壇に立った。磨きたての靴。カフスボタンを指先で回し、カイゼルヒゲをハンカチで何度もみがく。「キザ」「こわもて」。教え子たちが印象を書き残している(亀井俊介著『英文学者夏目漱石』)。 

  在大学教授英国文学时,漱石便穿着这身无可挑剔的西装站到了讲台前。皮鞋擦得锃亮,手指时不时地转动着袖口上的装饰扣子,并且好几次用手绢擦拭着他那恺撒帝似的胡须。正襟危坐”“一脸威严,这就是其学生在文章里记录下的对他的印象(摘引自龟井俊介著《英国文学家夏目漱石》) 

実生活では洋服にこだわったはずなのに、『坊っちゃん』や『猫』では、洋装にかぶれた連中に注ぐ主人公のまなざしが冷たい。文学でも哲学でも、西洋と東洋の間で生涯迷い続けた人である。服装への思いにも和洋の揺らぎがあったのだろうか。 

  虽然在实际生活中特别注重西服,可是在小说《小少爷》以及《猫》里,主人公看待那些垂青西服的家伙时,目光却是出奇的冷淡。无论是在文学,还是哲学方面,他的一生始终在东西方之间徘徊。不知道在对待服装的想法上是否也是在和洋之间左右摇摆呢?

漱石アンドロイドはまもなく漢詩の朗読を始める。秋には在校生を集めて創立140年の記念講演に臨む予定だ。いつか粋に羽織はかまを着こなす先生に会えるかもしれない。 

  过一段时间智能人偶漱石先生就要开始朗读汉诗了。今年秋季,还计划将出席一个活动,面对聚集在眼前的在校生,进行建校140周年的纪念演讲。或许有一天,我会见到身穿和式正装羽织宽袴的漱石先生。 


 

【天声人语】170124  改宗教徒 痛苦余生

 

 東京都文京区の住宅街に「切支丹(キリシタン)屋敷跡」と書かれた碑がある。通り過ぎそうになるほど目立たない。異教を禁じた江戸幕府が拷問の末に棄教させた宣教師らをこの屋敷に幽閉した。 
    东京都文京区的居民区街道旁有一块上写着「基督徒宅邸遗址」的石碑。非常不起眼,你就是从它跟前走过都不一定注意到它。当年,在禁止异教的江户幕府严刑拷打之下,被迫弃教的传教士们就被囚禁在这处宅子里。 
 
17世紀の日本に潜入し、捕らわれたジュゼッペ・キアラ神父もそのひとり。80代で亡くなるまで40年暮らした。遠藤周作氏は彼をモデルに小説『沈黙』を書いた。米巨匠スコセッシ監督によって映画化された。信者や神父に対するむごい拷問の場面に観客席で思わず呼吸が乱れた。 
    其中有一个神父,他就是17世纪悄悄地进入日本,并遭逮捕的约瑟喀拉(Giuseppe Chiara)。一直到他80多岁去世,在此处生活了40年。远藤周作先生还以他为原型撰写过一部小说《沉默》。美国电影大师导演斯克塞思(Martin Scorsese)还把它拍成了影片。对教徒以及神父进行严刑拷打地场面不禁令观众席上的观众惊吓得透不过气来。 

キアラは牢屋で数々の責めを受ける。先に日本で捕らわれ、棄教したかつての師フェレイラがこう迫る。「お前たちが苦しめられても神は黙っているではないか」。 

    在牢中喀拉一次又一次地惨遭到毒打。先于他被逮捕,之后弃教的他的老师曾经严辞规劝道,「你遭受这么大的苦难,可上帝还不是默不作声,并未能够解救你呀」

  身を裂くような葛藤のはてに踏み絵に足を置いてしまう。岡本三右衛門という名と妻を与えられ、江戸の切支丹屋敷に押し込められる。 
    在经历了撕心裂肺的思想斗争之后,他不得不将脚踩到了圣母玛利亚的画像上。之后又被迫纳妻,并接受妻子前夫的姓名叫冈本三右卫门,还被关进了这处江户基督徒宅邸。 
彼の墓碑は東京都調布市のカトリック教会の一角にたたずむ。そばの資料館のガエタノ・コンプリ館長(86)は日本に来て60年余り。昨春、イタリア・シチリア島にあるキアラの故郷を訪ねた。現地で見た肖像画には「日本で布教に努めたが、住民からとがった竹で首を刺されて帰天した」と説明文があった。キアラが棄教者ではなく殉教者と語り継がれてきたことに驚いた。 
    他的墓碑现矗立在东京都调布市基督教堂的一角。一旁的资料馆馆长盖塔诺坎普里(Gaetano Compri 86)来到日本也已经60多年了。去年春天,我访问了位于意大利西西里岛的喀拉的故乡。在当地看到的画像下方有一段说明文字,「他在日本致力于传教,然而却被当地居民用削尖的竹签刺破脖颈而归天」。并口口相传说喀拉不是弃教者,而是殉教者。对此我颇感诧异。
 
転んだことをキアラは後悔しながら暮らした。でも信仰は最期まで捨てなかったのでしょう」とコンプリさん。「転びバテレン」の汚名に耐えたキアラが晩年まで胸に隠し続けた矜持(きょうじ)に思いをはせた。 
    「在日后的生活中,喀拉对自己改宗之举非常后悔。不过,一直到死恐怕他都不会放弃信仰」,坎普里如是说。一直到其晚年,忍受着「改宗教徒」之恶名的喀拉心中所隐藏着的那份自负,不由地使我浮想联翩。

【天声人语】170119 棋界丑闻 如何断后

 

刑事裁判で真実を知る者は神様のほかにいる。それは目の前の被告人である。元裁判官の原田国男さんが著書でそう述べている。東京高裁時代に20件以上もの逆転無罪の判決を言い渡した。 
    在刑事案件的审判过程中,除了上帝之外还有一个知情者。这就是眼前的被告。原法官原田国男先生在其著作中如是诉说。在东京最高法院工作期间,他曾经20多次作出了推翻原判改判无罪的判决。 
被告人が心を開いて大事な事実を語れるよう、雰囲気づくりに気を配った。無職の被告人に「職業は無職ですね」と決めつけず「今、仕事はどうなっている?」と問いかける。故郷の様子を聞くこともあったそうだ(『逆転無罪の事実認定』)。限られた証拠をもとに、ひとの一生を左右する判決を下すことの難しさを思う。 
    为了能使被告打开心扉陈述极为重要的事实,他特别注重营造现场氛围。诸如,面对无业被告他不会采用「你的职业是无业,是吧」这种决然而然的讯问方式,而是采用「目前,你的工作是什么具体内容?」的讯问方式。据说有时也会讯问故乡的情况(摘引自《推翻原判宣布无罪的事实认定》)。的确,依据有限的证据而作出左右人一生的判决,其难度可想而知。
誤った判断が、将棋界を深く傷つけてしまった。対局中に将棋ソフトを使ったと疑われた三浦弘行九段が出場停止処分を受けた問題で、結局、不正の証拠はなかった。日本将棋連盟の谷川浩司(こうじ)会長はきのう、責任を取って辞任すると発表した。 
    错误的判断深深地伤害了将棋界。因被怀疑在对局中使用了将棋软件,三浦弘行九段受到停止参赛的处分。这个问题最终的调查结果却是没有违法使用的证据。昨天,日本将棋联盟会长谷川浩司宣布引咎辞职。 
  会長は「辞任で誠意を示す」と語ったが、連盟として事の経緯をどのように反省しているのか、伝わってこなかった。ひとりの棋士人生を台無しにしかねなかったことを思うと、後味の悪さが拭えない。 
    该会长说,「欲以辞职表示诚意」。然而,却没有告诉人们,对于整个事件的来龙去脉,作为联盟又是如何反省的。一想到这起有可能彻底毁了一名棋手人生的事件,实在难以抹去遗留下的恶劣影响。 
プロ棋士との対局歴がある作家の山口瞳は、将棋連盟は「オバケ屋敷」だと述べたことがある。神童として騒がれた人たちばかりが角逐するすごい世界だという、褒め言葉だった。そんな彼らがいま、休むことなく成長するソフトという人工のオバケに翻弄(ほんろう)されている。 
    与职业棋手有过对弈经历的作家山口瞳曾经说过,将棋联盟就是个「精怪府」。这是一个褒义词,意思是尽是些作为神童被捧上天的人进行角逐的了不起的世界。如今,这些人却要面对无时无刻不在提高的软件这一人造精怪的折腾。 
  棋士同士は言うまでもなく、ファンからの信頼をどう取り戻していくか。人間だけが考え、できることである。 
    棋手之间自不用说,今后又该如何取信于棋迷?这是人需要考虑,也是能够做到的事情。


 

【天声人语】170116  日本列岛 冻于暴雪

 

昨年からの田中角栄ブームはいまだ続いているようで、書店には関連する本が並ぶ。豪胆であり、心に訴えかける姿に懐かしさを覚える人が多いのか。若き日の地元・新潟での演説では山脈を削って豪雪をなくすとまで語った。 
    开始于去年的田中角荣热如今似乎仍在继续,书店里摆满了相关书籍。他那豪放大胆摄人心脾的形象想必令诸多民众深深怀念。年轻的时候在新潟县当地进行的演说中,甚至吐露出要削平山脉消除暴雪的豪言壮语。 
 新潟と群馬の境にある三国峠を切り崩してしまえば「季節風は太平洋側に抜けて、越後に雪は降らなくなる。みんなが大雪に苦しむことはなくなるのであります!」。荒唐無稽である。それでも雪に悩む人たちの気持ちをとらえたと、元秘書の早坂茂三の著書にある。 
    倘若削平位于新潟与群马交界处的三国山口,那么「季风便可从太平洋一侧直接吹到这里,越后地区就不会降雪了。当地民众为大雪所困的情况便不复存在」。虽说这简直是荒唐可笑的无稽之谈,但是的确抓住了民众因大雪而苦恼的情绪。元秘书早坂茂三在其著作中如是坦言。 
  そんな雪国だけでなく、日本列島が広く第一級の寒波に見舞われた。広島ではきのう33年ぶりの降雪量を記録し、原爆ドーム周辺も雪景色となった 
    不仅是这些雪域之国,整个日本列岛的广大地区均遭到了最高级别寒流的侵袭。昨天,广岛的降雪量创33年来最高纪录,原子弹爆炸纪念馆及周边地区呈现出一派银装素裹的白雪世界。 
 全国女子駅伝のあった京都では、ときに選手が見えなくなるほどの降雪だった。体温を奪う敵をはねのけながら必死に駆ける姿に見入った方も多かったろう。強い冬型の気圧配置は、きょうも続く。 
    正在举办全国女子大站接力的京都,降雪之大有时竟然不见参赛选手的身影。运动员在抵御争夺体温之寒冷的同时奋力奔跑的英姿令诸多民众看得入神。强大的寒冬型气压配置今天仍在持续。 
  中原中也は「生ひ立ちの歌」で、幼年時の雪をこう描いた。〈私の上に降る雪は/真綿のやうでありました〉。それが1719歳には霰(あられ)、23歳にはひどい吹雪と感じられた。〈いとしめやかになりました〉と、落ち着きを見たのが24歳である。時々の心のありようを詩人は雪に託した。 
    中原中也在其作品成长之歌中是以<落在我身上的雪/软软的像是棉花>来描写幼年时所看到的雪的。到了1719岁的时候,变成了霰(雪珠),到了23岁时就更严重了,感觉是暴风雪。而所谓的<感觉到极为宁静>,观察到其中的沉稳,是到了24岁的时候。可见诗人将人生各个不同时间段的心理状态巧妙地通过了雪而表达了出来。 
  寒波のなか大学入試センター試験に挑んだ人たちの目に、雪はどう映っただろう。風雪の言葉のように雪はどこか逆境や試練を思い起こさせる。人生の関門をくぐりぬけるための強さが雪から与えられることを祈る。 
    不知道在那些寒流之中挑战高考中心考试的考生们的眼里,雪又留下了什么印象。与其他描述风雪的熟语一样,一说到雪不知怎么的总让人想起来了逆境及考验。我由衷地祈盼雪能够给予我们坚韧与刚强,以度过人生中的一道道难关。 

【天声人语】170115    跨越青春 走向成熟

 

福島の18歳、渡辺智広さんが一票への心情を詠む。〈選挙権初めて投票してみたがまだ、私には早かったみたい〉。早くなんてないから、次もその次もぜひ投票してください。昨年も地震や豪雨が各地を襲った。〈台風来て電車止まると期待した小さい自分に被害で気づく〉と詠んだのは長野の高1佐々木優果(ゆうか)さんだ。 
    福岛18岁的渡边智广同学以一首和歌吟诵出了对这一选票的心情,<今起拥有选举权,同龄伙伴齐参选,一票虽然已投出,于我但嫌太超前>其实也并不过早,因此,希望你们在下一届再下一届仍然要坚持参加投票。去年,地震以及暴雨袭击了各地,<台风来临轻轨停,期盼天晴好出行,面对灾害始发现,个人渺小须自明>,吟诵这首和歌的是长野县的高一学生佐佐木优果。
東洋大学が募る「現代学生百人一首」が30回を迎え、作品は累計130万首を超えた。今回の入選作を一部紹介したい。 
    东洋大学举办的现代学生百人一首活动已经是第30届了,募集的作品超过了130万首。在此我要介绍一部分本届的入选作品。
 おもしろい友とのメールで「笑」の文字それ打つ自分笑っておらず〉高尾みずき。人付き合いで空気を読んで、もやもやするのは大人も変わらない。〈君からの通知がないか確かめる10分ごとに重なる指紋〉池内絵美香。スマホを手に、キュンとする。 
    <朋友很有趣,邮件家常叙,字虽输入,却无此心绪>高尾mizuki创作。在与人交往的过程中,往往要察言观色投其所好。这方面成年人也一样,有时也会不知所措。<有无你消息,十分一验机,重复触此处,指纹见依稀>池内绘美香创作。手里攥着手机,心里怦怦直跳。 
夜明け前から頑張る。〈3時起き搾乳をしてしばれる手牛のぬくもり私のカイロ〉安藤朱生(しゅう)。何かと忙しいけれど、疲れをためすぎないで。〈目がうつろ磁石みたいに眠たくてSが机でNがおでこだ〉川波美咲。 
    黎明之前便起床干活,能这样真不易。<一到3点就起床,帮助挤奶工作忙,天寒冻手又冻脚,奶牛体温暖心房>安藤朱生创作。看来同学们的确很忙,希望不要劳累过度。<双目虚无神,眼皮磁石沉,S趴在桌上,N顶着脑门>川波美咲创作。 
 相当すてきなおじいちゃんである。〈土曜授業いつも見に来るうちの祖父今じゃすっかりクラスの一員〉長嶋凜(りん)。親との距離が変わってゆく。〈両親と議論していて論破した次から誰を頼ればいいの〉赤羽(あかはね)佑太。 
    这是一位相当棒的老大爷。<周六有课总来听,我家爷爷可真行,如今更是进一步,同班同学又一名>长嶋凛创作。有的同学与父辈的距离正逐渐发生了变化。<父母作对手,辩论鏖战急,双双全驳倒,下回谁为敌?>赤羽佑太创作。 
 孤独になり、迷い惑う時間も若者を強くする。〈誰もいないある教室で独学の辛(つら)い気持ちを鉛筆は見てる〉劉せいとう(りゅうせいとう)。〈くるくるとコーヒーカップに回されて起点を探す高一の夏〉関結月(ゆづき)。回り転がり、道はやがて見えてくる。 
    孤独也好,彷徨犹豫也罢,都能使年轻人百炼成钢。<教室空荡荡,唯独我一人,自学好辛苦,铅笔能见证>seito创作。 <咖啡杯转椅,转得直眼晕,何处我起点,定要认得请>关结月创作。迷失过,跌倒过,在此过程中逐渐认清了该走的道路。

【天声人语】170111   培养奇童 靠天靠人

公開中の映画「聖(さとし)の青春」の主人公は1998年に29歳で亡くなった将棋棋士村山聖さん。演じる松山ケンイチさんは役作りのため体重を20キロも増やして臨んだ。対局場面の鬼気迫る表情に見入った。 
    正在公映的电影圣哥的青春中的主人公就是于199829岁英年早逝的将棋棋手村山圣先生。演员松山健一先生为了出演这一角色特意增加体重20公斤,对局中的冷峻表情令人过目不忘。 
 聖さんは重い腎臓病を抱えながら「怪童」と恐れられた。いったいどんな棋士だったのか。師匠である森信雄七段(64)を兵庫県宝塚市に訪ねた。「独特のオーラがありました。病院暮らしが長い分、とにかく純粋で強情な子でした」。 
    尽管圣哥身患严重的肾脏疾病,可是对手都非常怕他,并称之为奇童他究竟是一名什么样的棋手呢?为了破解其中之谜,我去了趟兵库县的宝冢市,拜访了他的师傅森信雄七段。据他所说,圣哥具有一种独特的灵气,再加上长期住院,总之是一个心无旁鹜执着专一,而且意志顽强的孩子” 
 出会ったとき師匠は30歳、弟子13歳。通学のため近所の公園で自転車の乗り方を教えた。髪をひきずって散髪に連れて行った。入院すれば病院の洗濯室で下着を洗った。 
    他们俩初次相见的时候,师傅30岁,弟子才13岁。为了上下学方便,曾经在附近的公园教过他骑自行车。看他头发太长,便带他去理了发。住院的话,还在医院的盥洗室里为他洗过内衣。 
師匠とはいえ、森さんは対局で一度も聖さんに勝ったことがない。「詰将棋」や「次の一手」を森さんが作問すると、聖さんが穴を見つける。「先生、これは使えません」。自信作10問のうち9問にダメ出しをされたこともある。それでも聖さんと盤をはさんで対話するのは至福の時だったという。 
    森先生虽说是他的师傅,可在对局中还从未赢过圣哥一盘。当森先生作出将棋残局以及下一手等棋局问题时,圣哥总能发现缺陷。老师,这个不能用。甚至师傅很自信地作出的10个问题竟然被他否定了9个。即便如此,与圣哥纹枰对弈探讨棋局,那真是最幸福的时光。 
 昨年来、将棋界はスマホを使った不正疑惑に揺れた。聖さんは生前「コンピューターがプロ棋士を打ち負かす日は来ない」と予測した。読みの深さと鋭さで知られた聖さんが生きていたら今年で48歳。人工知能とどう対峙(たいじ)しただろうか。 
    自去年以来,使用智能手机的不正当质疑震撼了将棋界。然而,圣哥在生前曾经预估计算机打败职业棋手的那一天不会到来。以目光深邃棋风犀利而闻名的圣哥如果还活着,今年已48岁。他又将与人工智能如何对峙呢
 「彼には独特の野性味があった。とにかく個性丸出しで自分の将棋を指したがった」と森さんは懐かしそうに語る。「誰でも棋風は年とともに変わる。40代や50代、60代の村山君と対局したかったなあ」。 
    他具有一种独特的野性。总之,能够充分发挥其个性,下自己想下的棋,缅怀之情溢于言表的森先生如是说。无论是谁,随着年龄的增长棋风会随同发生变化。真想与40多岁时、50多岁时甚至是60多岁时的村山君对弈切磋一番啊” 


 

【天声人语】170110   同声传译 着实不易

 

71年前、明るく雲一つない晴れ渡った朝、死が空から降りて」。広島でオバマ米大統領が演説を始めた時、東京都内にある英BBCの一室で通訳袖川裕美(そでかわひろみ)さん(59)は不安に包まれた。この文の主語は何か。格調をどう伝えるか。17分間、夢中で日本語に訳した。 
    “71年前,一个万里无云的晴朗早晨,死神从天而降当美国总统奥巴马在广岛开始其演说时,在位于东京都内的英国BBC广播公司的一个房间里,坐着进行同声传译的袖川裕美女士正感到周身不安。这句话的主语是什么?演说的格调如何转达?在长达17分钟的日译过程中简直进入了无我的境界。 
 政府間の租税交渉、企業提携、来日芸術家の随行など通訳として20年あまり。著書『同時通訳はやめられない』で数々の修羅場を紹介した。 
    20多年来作为一名翻译曾经历过政府之间的租税谈判、企业合作,以及访日艺术家的随行陪同等工作。并通过著作《同声传译欲罢不能》介绍了一个个惊心动魄的场面。 
 「下調べをして臨みますが、話すこと聞くことは本能的で瞬発的な営み」。例えるならスケートに近いという。3回転半ジャンプが決まる日もあれば、いきなり尻もちの日もある 
    尽管临场之前做了调查及准备,可是,所言及所闻均须出于本能在一瞬间完成若要例举的话,据说与滑冰很接近。既有成功完成3周半腾跃的日子,也有一屁股坐在冰面上的时候。 
 訳の巧拙はときに外交をも混乱させる。古くは佐藤栄作首相の「善処します」。これを米政府が確約と受け止め、繊維摩擦がこじれた。日中間では田中角栄首相の「迷惑」が有名だ。中国語で「麻煩(マーファン)」と訳され、「戦争の謝罪になっていない」と中国側を怒らせた。軽すぎる言葉だと受けとられた。 
    翻译的巧拙有时甚至会造成外交上的混乱。诸如早年佐藤荣作首先说的妥善处理,美国政府则理解为接受约定,于是,这一理解上的出入导致了日美之间纺织品贸易纠纷的出现。在日中之间,田中角荣首相所说的“meiwaku”则更为有名。由于翻译成汉语的麻烦,而使中方震怒,如此轻巧,毫无就战争而道歉的诚意中方认为这也太轻描淡写了。 
 ベテランでも冷や汗はかく。袖川さんが英訳に詰まったのは「蚊取り線香」。とっさに「蚊対策のための円」と説明し、指で渦をグルグルと描いた。モスキート・コイルという語を思い出したのは会談の後だった。 
    即便是资深翻译此时也会惊出一身冷汗。令袖川女士卡壳的则是蚊香一词。尽管当场作了补充说明,是一种对付蚊子的圆盘,并用手指咕噜咕噜划了几道圆圈。而想起mosquito coils一词已是会谈之后的事了。 
人工知能が様々な領域を脅かしつつあるが、「人類滅亡の日まで通訳の職は消えません」と袖川さん。なるほど価値観と世界観のぶつかり合いを機械が語感もふまえて適訳できる日は先の先だろう。通訳という営みの人間くささに少し安堵(あんど)した。 
    纵然人工智能正在对各行各业构成威胁,但是袖川女士却认为直到人类灭亡的那一天,翻译这一职业都不会消失。如其所述,机器在兼顾语感的同时,能够将价值观及世界观的相互冲撞进行准确翻译的那一天,恐怕只能出现在未来的未来。由于翻译过程中人性情感的不可或缺,我们大可不必过于担心。

【天声人语】170113  统一初考 痛苦回忆

遠藤周作さんが、自分の小説を使った某大学の入試問題を解いてみた。「主人公の心理を選べ」。四つの選択肢から一つを選ぶのだが、遠藤さんには四つとも正解に思えた。人間心理はそれほど単純なものではないはずだ、とかつて月刊誌で嘆いた。 
    远藤周作先生试着解答了一下某大学采用自己撰写的小说做成的高考试题。按照请选择主人公的心理活动出题要求,须从四项选择中任选其一。可是,在远藤先生看来,该四项选择都可认为是正确的解答。在接受某月刊杂志的采访时,他曾经不无感叹地表示,人的心理本不应该是如此单纯的过程。 
 当欄を含む小紙(こがみ)の記事や論評は毎年のように入試に出題される。光栄ではあるけれど、一抹(いちまつ)の戸惑いも否定しがたい。自分たちの記事が試験会場の受験生を悩ませる様子を思い浮かべると、心苦しくもある。 
    包括本栏目在内,敝报纸的一些报道及评论几乎每年都会被选用为高考的试题。虽然这是一份光荣,但是,不可否定同时也会令人产生一丝疑惑。每当想到考场上的考生因我们所撰写的报道而一脸愁容的形象,甚至觉得非常痛苦。 
わが身をふりかえれば、三十数年前、入試の国語に苦しんだ。「筆者の意見はどれか」式の設問で深読みの迷路にはまりこんだ。センター試験の前身である共通1次試験の時代だ。 
    回顾自己的经历,三十多年之前也曾因为高考中的国语试题而困惑不已。笔者的意见是哪一项?,因为类似的问题深陷想入非非的读解迷途而不能自拔。那是中心考试的前身统一初考的时代。 
 先日、図書館でその年の問題を見つけた。怖いもの見たさで挑んでみる。有島武郎(たけお)の小説、高見順の随筆、古文に漢文――。既視感(きしかん)を覚えながらも設問(せつもん)の森に迷い込む。量の多さにも驚く。採点すると、高校時代と重なる間違いを繰り返していた。 
    日前,我在图书馆里找到了当年的考题。怀着虽然害怕担仍想一探究竟的心理投入了挑战。这里有有岛武郎的小说、高见顺的随笔以及古文和汉文等等,牢记第一感的结果走进了如同迷宫一般的问题密林。不但因为数量之大而惊怵,判分的结果发现居然重复着与高中时代相同的错误。 
共通1次を衣替え(ころもがえ)したセンター試験はいま、まさに見直しのさなかにある。新たに記述式を採り入れるという。機械的なマークシートだけよりは望ましいと思うものの、公平な採点をだれがどう担うのか課題はなお尽きない(つきない) 
    将统一初考换了个包装的中心考试如今正处于再认识的过程之中。听说重新又采用了记叙式的方式。认为与机械式的一味地涂抹选择标记的考试方式相比,该方式更理想。尽管如此,那么公平判分的责任又该由谁来承担呢?须面对的课题依然无穷无尽。 
 〈冬空の青の薄さは頼りないわたしの気持ちセンター試験〉荒木陽一郎。冬将軍(ふゆしょうぐん)のいすわるなか、あすセンター試験が始まる。良問、難問、奇問のハードルに不安を覚える瞬間がきっとあるだろう。自分を信じて走りきってほしい。 
    <寒冬蓝天色彩稀,似我忐忑无人依,转眼即到中心考,结果如何真没底>荒木阳一流郎创作。在此隆冬寒流久居不动的恶劣天气里,中心考试将于明天开始拉开帷幕。面对一些列的正常的、疑难的以及奇怪的问题组成的难关,想必谁都会在瞬间感到一丝不安。不过,还是希望各位考生要相信自己,迈着坚定的步伐走下去。 

【天声人语】170104   所到之处 鲜花绽放

 

雪の朝、愛する父親が自分の目の前で凶弾に倒れる――。壮絶な体験は9歳の少女の胸にかくも深い傷を与えるものか。昨年暮れに89歳で亡くなったノートルダム清心学園理事長、渡辺和子さんの生涯を著書や記事でたどってしばし考え込んだ 
    在一个漫天飞雪的清晨,深爱的父亲在她的眼前被罪恶的子弹击倒。悲壮的经历岂能不在年方9岁的少女心里造成深深的创伤。时常通过著作及报道回首这位于去年年末以89岁高龄辞世的Notre Dame清新学园理事长渡边和子女士的一生,不由地使我陷入了深深的沉思。 
 陸軍教育総監だった父渡辺錠太郎氏は昭和11(1936)年2月26日、自宅で青年将校らの銃弾を浴びた。和子さんは座卓のかげで難を逃れた。怒声、銃声、血の跡が恨みとともに胸の底に刻まれた。長じてカトリックの道に進むが、いくら修養を積んでも恨みは消えない。 
    曾任陆军教育总监的其父渡边锭太郎先生于昭和11(1936)226日在自己的家中遭到了青年军官的枪击。当时和子姑娘正好躲在了地桌的背后,才算逃过了厄运。但是,怒吼声、枪声以及斑斑血迹与仇恨一起都深深地镌刻在她的心底。长大以后虽然走上了信奉天主教的道路,可是,无论如何修行都无法消除心中的仇恨。 
意を決して、父をあやめた将校らの法要に参列したのは2・26事件の50年後。「私たちが先にお父上の墓参をすべきでした。あなたが先に参って下さるとは」。将校の弟が涙を流した。彼らも厳しい半世紀を送ったことを初めて知り、心の中で何かが溶けたという。 
    最后,她下决心参加残害其父的军官们的祭悼法事,这已经是2•26事件发生50年后的事啦。本该由我们先给令尊扫墓祭拜的,没想到你却先过来参加我们的祭悼,实在愧不敢当,军官的弟弟流下了感激的泪水。据说,直到这时,她才第一次知道,其实他们这些家属也是在沉痛的煎熬中度过了半个世纪。于是,心中的仇恨化解了。 
 晩年まで過ごしたのは、岡山市にある学内の修道院。静穏な日々ばかりではなかった。30代で学長という大役を任され、管理職のストレスに悩んだ。50代で過労からうつ症状に陥り、60代では膠原病(こうげんびょう)に苦しんだ。 
    直到其晚年都是在位于冈山市某所学校院内的修道院里度过的。当然,日子并不清静安逸。30多岁的时候就担负起校长的重任,成天为管理工作的紧张而烦恼。50多岁时因劳累过度而出现了忧郁症状,到了60多岁时又罹患上了胶原病,非常痛苦。 
 80代で刊行した随筆『置かれた場所で咲きなさい』が共感を得たのは、父の悲劇を含め自らのたどった暗い谷を率直につづったからだろう。 
    在其80多岁时出版的随笔《请在需要的地方绽放》获得了强烈的共鸣。之所以如此,恐怕是因为她真实地阐述了包括其父悲剧,还有自己所走过的昏暗的人生低谷的缘故吧。 
 「つらかったことを肥やしにして花を咲かせます」「でも咲けない日はあります。そんな日は静かに根を下へ下へおろします」。いくつもの輝く言葉を残し、80年前の雪の朝に別れた父のもとへ旅立った。 
     把那些不堪忍受的事统统当作肥料,为了使鲜花绽放得更加美丽”“不过,也有无法绽放的日子。每当此时就静下心来把根扎得更深更深。她留下了诸多熠熠生辉的话语,踏上了征程,前往80年前的飞雪清晨别她而去的父亲身边。 

【天声人语】(17.01.09)袭名继命 承续先人

 

晴れ着姿の観客ではなやぐ新春の東京・歌舞伎座で、松本幸四郎さん(74)の「井伊大老」を見た。桜田門外の変の前夜、暗殺される運命を予感する大老が最愛のお静の方と昔をなつかしむ。歴史上の大人物に血を通わせた重厚な演技にひたった。 
    新春之际,在盛装观众的衬托之下更显华丽的东京歌舞伎座,我观看了由松本幸四郎出演的井伊大老戏中,这位身处樱田门外之乱前夜,预感到将遭暗杀厄运的大老与其最宠爱的静姬缅怀往昔感慨万千。精彩厚重的演技使我对这位历史上的大人物感同身受。 
 長年親しまれた「幸四郎」の名で舞台に立つのもあと1年。来年の正月には「親子孫3代襲名」がある。自らが二代目松本白鸚(はくおう)、市川染五郎さん(44)が十代目幸四郎、松本金太郎さん(11)が八代目染五郎を名乗る。300年続く由緒ある名を継いだ1981年も同じ3代襲名だった。 
    长年以来,能够以深受推崇的幸四郎之名活跃于舞台也只剩下最后1年了。明年正月将举行父子孙三代袭名仪式。他本人将成为第二代松本白鹦、市川染五郎先生(44)将成为第十代幸四郎、松本金太郎小弟弟(11)将成为第八代染五郎。在承袭这延续300年盛名的1981年也同样举行过3代袭名的仪式。 
 「襲名とは単に名を継ぐことではない。名とは命(めい)、命(いのち)のことだ」。亡父の言葉を胸に刻み、先人の芸と精神を追った。7年前に自身と父、祖父の当たり役「勧進帳」の弁慶を全47都道府県で演じ切り、「やり残したことはない」と思えた。 
     所谓袭名并非简单地承继名号。名者,命也,是生命。他把已故父亲的话语一直铭刻于心,并不断地追求先人的演技与精神。7年前,他在全国47个都道府县出演颇受好评的劝进帐中的辨庆一角,这也是除了自己以外,父亲、祖父都曾经出演并好评如潮的角色。这使他感到已经没有遗憾了” 
 70年には日本人で初めて米国ブロードウェーでミュージカル「ラ・マンチャの男」に主演した。せりふは英語、共演者も外国人の他流試合。体調を崩した時には、「お前を信じている」と大きく一言だけ書かれた父の手紙が支えになった。 
1970年,作为日本人他首次在美国百老汇主演了音乐剧梦幻骑士(Man of La Mancha)”。英语台词,参演者也都是外国人,完全是一出不同流派的竞演。当感到力不从心的时候,是父亲的家书支撑着他。信中只有大字书写的一句话我相信你!” 
 歌舞伎は代々襲名によって歴史をつないできた。看板役者の世代交代は常のこと。だが幸四郎さんの話を聞き、背負ってきたものの重さと変わりゆく時代への感慨をかみしめる。 
    歌舞伎就是采用这种一代代袭名的方式延续着它的历史。因此挂牌演员的世代交替经常进行。然而,幸四郎先生的话语让我们更深切地感受到肩负责任的重大,以及紧跟时代变化的艰辛。 
 同じ歌舞伎座の「将軍江戸を去る」では染五郎さんが徳川慶喜を演じていた。来年からは新しい幸四郎だ。先人に続く険しい道に、どんな足跡を残すだろう。 
    同在歌舞伎座上演的将军离江户而去中,染五郎先生出演了德川庆喜一角。明年将以新一代幸四郎之名出演。不知在承续先人的险峻道路上,他又将留下怎样的足迹。 

 

【天声人语】170301 信念扭曲 结果不堪.doc

地址:广东省佛山市禅城区江湾一路18号 电话:(0757)82272751 邮编:528000
Copyright © 2018 版权所有:佛山科学技术学院
管理
链接: 顺德复印机出租| 东莞办公家具| 隔音室| 铝合金脚手架| 铝合金脚手架| 佛山钢丝网| 佛山筛网厂| 佛山复印机出租| 佛山复印机出租| 佛山劳务派遣| 屏蔽室| 佛山LED| 佛山筛网| 深圳办公家具厂家| 佛山LED显示屏| 佛山汽车抵押贷款| 办公屏风厂家| 支持: 永网|