| 第二外语(日本語)优质课程
课外学习
【天声人语】170516——发电农业 两不耽误
发布人:admin 时间:2016-6-9 已被浏览 53

 

【天声人 20170516  发电农业 两不耽误

 

 

▼その太陽光発電施設は、ほかとはずいぶん趣が違っていた。パネルは見上げるほどの高さにあり、長細く、まばらである。地面に十分日光が届く設計で、農業ができるという。ガラスのない温室にいるような気がしてくる。

  那里的太阳能发电设施与其他地方有很大的区别。太阳能板被设置在需要仰视的高度,又细又长、排放稀疏。据说这种设计可以使阳光充分照射到地面,有利于农业生产。待在下面感觉像是身处没有玻璃的温室里。

▼太陽の光を発電と農作物で分かち合う「ソーラーシェアリング」と呼ばれる試みがあると聞き、千葉県の匝瑳(そうさ)市飯塚地区を訪ねた。施設を運営する農家の椿茂雄さん(66)によると、耕作放棄され荒れていた土地を生き返らせた。大豆や麦を無農薬で育てるという。

听说有个地方正在进行将太阳的光照同时用于发电和农作物生长的名为“太阳能共享”的尝试,于是笔者拜访了千叶县匝瑳市饭冢地区。据运营该设施的农户椿茂雄先生讲,该项目使那些没有耕种而荒废的土地焕发了新生。他会无农药培育大豆和小麦。

▼「電力の収入があれば、これから若い人たちが農業に挑戦しやすくなるかもしれない」。地元で農業の衰退を見てきたゆえの期待であろう。自然エネルギーと農業の兼業は、日本のあちこちで少しずつ広がっているようだ。

“如果有电力收入的话,今后年轻人们大概可以轻松从事农业了”。这是看到了当地农业的衰落而发出的期待吧。自然能源与农业的兼营正在日本各地一点点开展起来。

▼この方式の発案者、長島彬さん(74)の原点は、原発への不信感である。国内で相次いだトラブルを見て、何かできないか考えるようになった。設計者として勤めていた農機具メーカーを定年退職した後、研究に取り組む。農地で試験を始めたところで福島の事故が起きた。

项目发起人长岛琳的出发点是对核电站的不信任。看到国内不断发生的事故,长岛开始思考自己能做些什么。他曾在一家农机制造厂担任设计师,退休后开始专心于太阳能研究。开始农田试验的时候福岛核事故发生了。

▼その後の太陽光発電の急増には疑問も感じた。山林を切り崩したり、強力な除草剤を周囲にまいたり。「自然を破壊する自然エネルギーであるなら、どこかで限界が来る」。

事故发生后太阳能发电项目激增,对此他也抱有疑问。(人们为了太阳能而)砍伐山林、播撒强力除草剂。“如果使用自然能源时破坏自然的话,那么终归会走到尽头”。

▼バブルともブームとも言われた太陽光発電は、正念場を迎えているのかもしれない。それでも乗り越えようとする知恵は出始めている。時計の針を戻してはいけないと訴えるかのように。

被称作是太阳能泡沫、太阳能热潮的太阳能发电可能已经迎来了关键时刻。尽管如此,已经有新想法打算要跨越这一时刻,像是要告诉人们时间不可倒转一般。

 

【天声人语】170516——发电农业 两不耽误.doc

地址:广东省佛山市禅城区江湾一路18号 电话:(0757)82272751 邮编:528000
Copyright © 2018 版权所有:佛山科学技术学院
管理
链接: 顺德复印机出租| 东莞办公家具| 隔音室| 铝合金脚手架| 铝合金脚手架| 佛山钢丝网| 佛山筛网厂| 佛山复印机出租| 佛山复印机出租| 佛山劳务派遣| 屏蔽室| 佛山LED| 佛山筛网| 深圳办公家具厂家| 佛山LED显示屏| 佛山汽车抵押贷款| 办公屏风厂家| 支持: 永网|